FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パワーサポートのスマートペン
2011.08.03(Wed)

ここでも何度か書いてますが、僕のモバイル端末は iPhone です。
で、お絵描きアプリも何個かインストールしています。

はっと思い立ったときにスケッチしたり、街中でみかけた美しいもの(具体的に何かは…ご想像におまかせしますw)を描きとめたりと、『いつでもどこでもお絵描き』な環境を楽しんでいるわけですが…

なんせ入力デバイスが
筆先が隠れて正確さに欠け、何度もストロークしては消すといった手間が必要でストレスを感じていたのも事実。

そこで、スタイラスペンなるものを購入してみました。

110803_スマートペン


WacomのBAMBOOブランドのものと、パワーサポートのスマートペンと迷いましたが、後者のほうが安価なわりにネット上の評判が上々だったのでこちらを選びました。
発注から1ヶ月を経て、先日やっと届いた次第。えらい時間かかったな~

さっそくBrushesで試してみましたが…

「おおっ いいっ!!!」
 …っていう感動があるやもと期待していたけれど…
ま、それほどではなかったです ^_^;
やはり指と比べてしまうと、少々反応が鈍いですね。チカラ加減にコツがいります。

しかしストロークの正確さは、指とは格段の違いがあります。いままで5、6回ストロークしないとキマらなかった線が、2回くらいで済むようになりました。
お絵描きに限れば、作業時間短縮・効率アップといった感じ。

スタイラスペンを使って描いたサンプル絵

110803_Burashes-1.jpg


普段はiPhoneでここまで着彩して仕上げることはありません。
さっき書いたように、スケッチが目的ですから。

じつは、初めてスタイラスを使って描いた絵は、こっち。

110803_Burashes-2.jpg


なぜオヤジww
…こういう風に、キャラの風貌のアイディアとかが浮かんだときにさっと描く、そんなスタイルがメインです。

あとフリックによる日本語入力も試してみましたが、指で慣れてしまっているとペンの長さがある分、もっさりした使用感になりました。しかしキーの小さい英字入力のときは、かなり重宝します。

しばらく使い込んでみて、やっぱり気になったらBAMBOOのほうも入手してみたいと思っています。







Comment












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。